英語

英語
英語

グローバル化社会では必須の語学

英語は日本の義務教育にもなっている、最も身近な言語です。

今や英語は世界の共通語として実質的に機能をしており、グローバルビジネスや留学をするときには英語の習得は必須とも言えます。

日本にいても英語がもとになった新しい言葉は次々に誕生しており、日常会話程度の英語力はふだんの生活においても必要不可欠なものになっています。

英語を第一言語とする国を英語圏といいますが、英語圏全体を合わせた人口は5~8億人とされており、そこに第一言語ではないものの国民の大多数が英語を当然に話せる国を合わせると世界地図のほとんどの場所が当てはまってきます。

主な英語圏の国としては米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどがあり、いずれも日本から語学留学に行く人が多い国となっており、アメリカ留学は語学留学先として非常に人気です。
しかしながら英語のもとになったのはギリシア文字で、ヨーロッパ大陸に住んでいたギリシア人とローマ人によって現在のような体系が作られました。

海外旅行する上で英語は基本

海外旅行に行くときには、どの地域に行くかに限らず最低限の英語能力は必要になります。

逆に言うと、英語をある程度習得していれば世界中のほとんどの国で不自由をそれほど感じることなく旅行していくことができるということです。

先進主要各国の都市部あるホテルチェーンの利用や飛行機の予約など、旅行中に必要な生活面での手配はほぼ英語によって行われます。

ほぼ英語を全く話せない人も海外旅行をすることはできますが、その場合には各種手配や現地の人との会話には必ず通訳を入れなくてはいけません。

せっかく旅行に行くのですから、やはり自分自身の会話を通して現地の空気を味わいたいものですよね。

そこで気になるのが海外旅行をするときどのくらいの英語力が求められるかということです。

数日の短い旅行の場合にはそれほど高い英語力は必要とはされませんが、それでも資格としてTOEICの500点くらいはとれるようになっておきたいところです。

必要とされる英語力は、旅行、留学、ビジネスなど目的によってかなり異なってきます。

目的はいろいろですが現地へ出発する前に自分が必要な英語力を備えているかを確認したいですよね。

そんなときはTOEICのような信頼性のある資格で高得点がとれるように学習しておくとかなり実践で役立ちます。

上記のサイトは資格を取得するときにどういった学習をするのがよいかといったことも詳しく説明してあるので参考にしてみてください。

より早く習得するためのコツとは

英語は日本にいても比較的触れる機会の多い言語なので、学習をする環境としてはかなり恵まれています。
義務教育としてかなり長い年月学習するので、学習の基礎もほとんどの人が既に備えているので本格的に英語学習を目指せば比較的すぐに身につけることができます。

ですが普通に生活をしているだけで自然に身についていくようなものでもありませんので、できるだけ自分から多く英語に触れるようにしていく必要があります。

TOEICはスコアで点数が出る合格・不合格という判定はありません。

ですので一人の人が何度でも受験をすることができ、希望のスコアになるまで挑戦をしつづけていくことができます。

より早く高スコアを出すためにはやはり繰り返し学習をしていくことが一番大切です。

TOEICのための資格講座は多くの企業から提供されていますが、中でも繰り返し学習がしやすいものを選び毎日少しずつでも触れるように習慣をつくっていきましょう。